スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人の運用利回り計算シート

皆さん こんにちは。
寒くなってきましたね。私も 薄手のコートを羽織るようになりました。
さて、個人の運用利回り計算シートが用意できましたので、UPしました。
ご活用いただければ思います。
確定拠出年金においては、毎月一定の金額を投資していきます。
人によって、どの金融商品に、どのくらいの割合を配分するかは、違います。
また、頻繁ではないしても、人によって掛け金額が変更される場合があります。
このような確定拠出年金で、金融機関から各金融商品の運用状況と自身の運用状況が情報として得ることができます。
運営管理機関によって、多少の相違はあるでしょうが、
個人の運用状況は、一定時点における掛金の累計と資産の現在残高です。
資産の現在残高は、投資残高がある資産ごとの提示され、それぞれ損益率が計算されています。
この損益率は、投資元本に対する現在残高をベースに基準に算定されます。
これで、取り敢えず、自分が運用状況はプラス運用か、マイナス運用か判断できます。
さて、それで十分でしょうか。
Aさんの運用状況:投資累計額120万円、資産残高132万円
Bさんの運用状況:投資累計額120万円、資産残高132万円
この場合、二人の損益率は10%で同じです。
ところが、Aさんは120万円を月2万円×12ヵ月×5年=120万円、
Bさんは120万円を1万円×12ヵ月×10年=120万円
で、投資していたとします。この状況は、損益率には反映されません。
投資利回りを計算する必要があります。この投資利回りは運営管理機関から、提供されているのかといえば、
今のところされていないのが通常です。
そこで、運用利回り計算シートです。
利回り計算シート
Aさんの場合は3.76%、Bさんの場合は1.88%と計算されます。
つまり、Aさんの運用利回りの方が良好であることが判ります。
ただし、Aさんの場合も、Bさんの場合も、損益率10%よりもかなり小さい数値になることに注目して下さい。
損益率10%と聞くと、ものすごく儲かっているように感じた方がいるのはないでしょうか。
では、この運用利回りはどのように使うのでしょうか。
皆さんは、確定拠出年金の制度説明を受けた際に、例えば「想定利回りは2%です。」などと説明されなかったでしょうか。
想定利回りが2%だとすると、Aさんの場合は問題なさそうですが、
Bさんの場合は想定以下ですから、このままいくと予定していた年金資金は実現しないかもしれません。
会社から示された想定利回りではなく、確定拠出年金を始めるにあたって、自身で想定利回りを設定された方もあるのではないでしょうか。その場合は、自身で設定した想定利回りと比較して、良否を検討することになるでしょう。
その上で、運用商品を見直しをしたり、リバランスを行ったりすることになります。
そのリバランスをシミュレーションするツールもアップしてありますので、ご活用ください。
リバランスシミュレーター体験版
今回は 少し 長くなりました。

これらのツールを活用して、確実に資産形成されることを願います。

有り難う 御座いました。
スポンサーサイト

人事実務に連載開始!

皆さん、こんにちは。
ご報告があります。
産労総合研究所 発行 人事実務11月から、
「人事労務担当者のための財務諸表の読み方」のタイトルで連載が始まりました。
多くの皆様に 読んで頂けると有難いです。
img001_convert_20141028172658.jpg

ご報告でした。

個人の運用利回り

リバランス・シミュレーターに、個人の運用利回りを計算するシートを附属しようと思います。
運営管理機関から送られてくる情報には、運用資産の情報と個人の情報があります。
通常、個人の情報は、拠出状況、拠出累計額、資産残高(報告書作成時)、手数料の状況、投資損益率などです。
個人の運用に関する情報としては、資産残高に対する拠出累計額を計算した投資損益率が算出されているケースが一般的です。
確定拠出年金では、毎月の拠出額が変更されたり、リバランスが行われたりします。
拠出額が変更されたり、リバランスが行われる場合、
各運用商品の利回りから、
拠出額の変更やリバランスが、自分の運用にどのような影響を与えているか測定することはできません。
測定するためには、自身の運用利回りがいくらなのか、自分で計算する必要があります。
そのための概算計算シートを用意したいと思います。
これによって、各自の運用状況を資産残高だけではなく、運用利回りとして把握することが出来ます。
そして、自身の運用が当初想定した運用利回りを実現しているかどうかを判断することができるようになります。

もうすぐ、公開できると思います。その時は また、ご連絡します。

それでは、今日も 良い一日でありますように、取り組んでいきましょう。

リバランス・シミュレーターのバージョンUP

リバランス・シミュレーターをバージョン・アップしました。
リバランス・シミュレーターは、確定拠出年金を利用する方が、リバランスを検討する手助けをするシミュレーターです。
投資教育で、リバランスの重要性を教えられても、実際に行うには躊躇してしまいます。
そんな時に、過去のデータに基づいて、リバランスの効果を追体験出来るのが、リバランス・シミュレーターです。
今までは、過去のデータが8年分でしたが、新しいリバランス・シミュレーターは10年分にバージョン・アップしました。
ITバブルの崩壊から、アベノミクスによる景気の上昇局面をリアルに追体験できます。

リバランス・シミュレーターには、放置型と自動リバランス型と任意入力型の3種類が用意されていますが、
今回のバージョン・アップを記念して、放置型をサンプルとしてご紹介します。

確定拠出年金には 入っているけれど、掛け金は全て 定期預金という方も大勢いらっしゃいます。
そんな方は、是非、このサンプル版をつかって、掛け金を4資産に分散投資していたら、
資産残高はどのようになったか シミュレーションしてみてください。

投資教育でお伝えしていることが、リアルに追体験できると思いますよ。

リアルだからといって、それは現実ではありませんし、将来を予測するものでもありません。
ましてや、将来を約束するものでありませんので ご注意ください。

それでは、上手にお使いください。

体験版リバランスシミュレーター



支店訪問(その3)、ありがとうございました。

昨日、関東甲信越地方も梅雨が明けたそうです。
梅雨明けは、例年、海の日前後という印象がありますから、平年並みといったところでしょうか。
一気に、夏ですね。

さて、昨日も 支店を訪問させて頂き、支店長様方と会談させて頂きました。

弊社は、人材育成をお手伝いしていますが、
人材育成は、残念ながら、集合研修だけでは、なかなか効果はあがりません。

弊社では研修効果を出来るだけ引き上がるために、可能な限り実務的な内容を研修に取り入れるようにしています。
今回の研修も クライアント企業様で 取り扱っている商材を取り入れて、研修プログラムを作成しています。

ただし、それは パンフレット等で入手した情報に基づいているので、充分とは言えません。

そこで、それらの商材を扱っている各支店にお邪魔して、実際にそれらの商材はどのように扱われているのか、
お客様のニーズ等に合致しているのか、どのような状況と取り扱っているのかなど、現場の状況を直接お伺いしています。

そして、そこでお話し頂いた内容を、弊社で担当している研修の中に取り入れて行きます。
そのことによって、実施している研修が、より実践に活かせるものになることを狙っています。
これが、支店を訪問させて頂いている目的の一つです。

長年、研修を担当させて頂いていますが、その研修内容は研修を受けた人以外にはなかなか伝わりません。
お忙しい支店経営の中から限りある人材を研修に送り出して頂いているわけですが、
送る出す支店長などのマネジャー様方には、研修タイトル程度は伝わるにしても、
その中身まではなかなか知る機会は無い状況です。

弊社が目指すのは、実務で効果が出る研修を行うことです。
その為には、研修の内容やその目的を現場マネージャーの皆様にも知って頂きたいのです。

研修で行われている内容やプログラムをお知らせし、
出来ることなら、そこで得た知識やスキルを活かす場を設けて頂くと、研修効果は高まります。
研修の内容をご説明し、そこで得た知識を活用する機会を設けて頂くようにお願いすることも、
訪問目的の一つです。

弊社は、人事研修をソリューションとして、組織改善を目指しています。

人材の育成、そのベースは企業内にあります。
当然ですが 我々は そのお手伝いをしているにすぎません。

今回、担当させて頂いる内容は 入門、基礎、応用、実践まであります。
全体的なプログラムの作成及びアセスメントと最新情報の提供は、弊社のような外部者が行えば良いと考えますが、
入門、基礎レベルは、内部で行われる体制をとって頂い方が効果的です。
そのためには、現場のマネジャー様の理解と協力が必要になります。

研修修了者中から、内部のリーダーになることができる方を選んで頂き、
その人を中心に、内部研修を行って頂ければ、内部で上昇スパイラルが確立できると考えています。

上昇スパイラルが社風として醸成されれば、その企業は強い成長力を持つことができるます。

さて、いつものように 好き勝手なことを書いてきました。

今回 訪問させていただいた3支店の支店長様方、お忙しい中、時間を割いて頂き 本当にありがとうございました。
お話し頂いた内容は、研修プログラムの中に取り入れ、より効果的な研修が行えるように努めて参ります。
引き続き どうぞ 宜しく お願いします。

ありがとうございました。
プロフィール

TIM_Yoshida

Author:TIM_Yoshida
株式会社TIM Consulting
代表取締役 吉田 聡 です。
初めての方は「ごあいさつ」の記事をご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。